プロペシアでAGAを治すとコンテストに出られます

AGAとは男性型の薄毛症のことを言います。AGAとは病名のことで、つい最近になって男性型の薄毛症にこの名前がつけられるようになりました。なぜ、最近になってこの名前がつけられるようになったかというと、男性の薄毛症が病院で治療できるようになったからです。男性型の薄毛症は当初、アメリカで治療が行われていました。そこではプロペシアという薬が使用されていました。プロペシアの効果は素晴らしいものがあったのですが、日本では、まだ安全ではないという理由で、病院での男性型の薄毛症の治療は行われませんでした。しかし、それからしばらく経って、アメリカでの男性型の薄毛症の治療が安全に行われているという現状を知り、日本でも男性型の薄毛症の治療を行えるようになりました。

日本での薄毛症の治療にも、もっともよく使用されるのがプロペシアです。この薬は、現在のところ、唯一の発毛効果のある薬として、臨床の現場で活躍しています。この薬は経口薬なのですが、経口薬で、発毛効果のある薬はプロペシア以外にありません。プロペシアは発毛効果は高いのですが、値段もそれなりにします。病院に行き、医師からAGAであるとの診断を受け、プロペシアを処方してもらいます。医師の診察料が1500円、プロペシアの一か月の値段が7500円になります。なぜ、このように値段が高いのかというと、保険がきかないからです。日本の保険制度は美容などに関するものには保険を適用しないようにしているのです。

プロペシアで髪の毛を生やすことに成功したら、コンテストに出場できる可能性があります。発毛効果を競うコンテストは日本にたくさんあります。髪の無い状態から、髪のある状態になることができたら、コンテストで良い成績をおさめることができるかもしれません。